四十九日法要

やっとこの日を迎える事が出来ました。

私にとっては長く感じました。

今まで親に任せっきりだったいろんな事を兄妹で取り仕切っていかなければならなくて、その大変さを改めて感じました。

この法要までが一区切りのような気がして、ここを目指してきたから長く感じたのかもしれません。

終わった時にはほっと一息つき安心したのもつかの間で、問題勃発しました。

田舎にはいろんなしきたりがあって、知らない私と知っている親戚とでは大きな差があり、お互い思い込みで進めてしまい残念な結果に。

相談しなかった私と当たり前だと思い込んでいた親戚との間に少し距離が出来てしまいましたが、何とか乗り越えていこうと思います。