読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風邪だと認めない頑固者

先週の金曜日、たぶんもう少し前からなんだろうけど健康だけが取り柄だった父が風邪をひきました。それくらいだったら何でもないことのようだけど、熱が上がると施設では預かってもらえなくて家で療養することになりました。

 

施設からは医者へ行って元気になったらまたご利用下さいと言われたけれど、これがまたいろいろ反発して「自分は風邪引いてない」とか「咳なんかしてない」「病院なんか行かん」とか手に負えん。

 

いつも認知症の薬をもらいに行くときは素直についてくるのに風邪といわれると嫌なのか、体調不良だから嫌なのかわからないけど全然だめである。兄にもなんで行かんのや聞かれるけど、自分だったらどうか聞くと無言になる。親子だなぁ。わが家は病院嫌い。

 

そうそう、体温計さえ嫌がる。確か施設では毎日体温と血圧計っとるやないか。

仕方がないのでお部屋をガンガンに暖めてゆっくりさせておく。とりあえず一人にしても外出する気配はみられないので咳が治まるまで施設はお休みだな。