読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護認定

先日介護保険の更新手続きをしました。

被保険者である父とその家族である私、お世話になっている施設の方、それぞれと個人面談をして父の状態を判断し改めて認定されます。

介護保険を取得したときは要介護1でした。半年後の更新の時も要介護1。さすがに今回は要介護度が上がるのでは?と思っていたら、やはりそうでした。

担当のケアマネージャーさんは2に上がると思っていたらしく、月1の打合せの時には要介護2で書類を作成されてました。

要介護度が上がることによって心配なのは施設にかかる費用。今までは月35,000円くらいで父の年金が月30,000円なので実質5,000円くらいでした。今回要介護度が2に上がると施設の利用料金が月5,000円ほど増えるので月10,000円の負担金になります。

父は認知症なので要介護度が上がることはあっても下がることはないと思うので今後どこまでいくのか少々不安です。

 

ただこういったサービスが受けれることは本当にありがたいです。認知症の父を支えるには支援があってこそ。認知の兆しが出てきたときに力になってくれた叔母に感謝です。叔母が町に相談した結果、介護保険のサービスを受ける事ができました。それがなかったら父の世話に仕事に生活に行き詰まっていたかも知れません。相談する人がいるということは心強いです。

 

 

広告を非表示にする