大人のぬり絵と色鉛筆

毎朝、施設へ出掛ける準備をしに実家へいってますが、私が家に到着するまではだいたいテレビの前にいるかぼーっと座っていることが多く、出掛ける準備をし始めると父もうろうろし始めます(苦笑)。

このうろうろは本人が出掛ける準備をしようと思って動き出すけど何をしていいのかわからなくてとりあえず荷物を探す行動のこと。で、手に取ったものがいまいちよく解らないと広げたり中身を出したりする。これで着替えとかが出てくると面倒で以前は洗濯しようとしたんだけど今は縁側へ干しにいこうとする。

干し終わったところに私が気がついて「洗ってないのに干してはダメだよ」というと苦笑いしながら「洗ってないものを干すわけないやろ」といけしゃーしゃーと話す(笑)。

相変わらず忘れるの早いな。
今は「洗ってないのを覚えてないでしょ?」と言わないようにしてる。言っても改善されるわけでもなく本人が意固地になるのでやめておく。

萎縮してしまった脳で一生懸命考えているため「小忙しい、小忙しい」といい始める。やろうとしてもできないことが多くなった為あれもしなきゃいけないこれもしなきゃいけないで頭の中で大忙し。実際、しなきゃいけないと思っているだけでやっていることの方が少ない。たぶん、やることがないからいろいろ考えちゃうんだと思う。

なので施設でハマっている色ぬりを家でもできるようにしたら良いやん!ということで大人のぬり絵と色鉛筆を買いそろえてみた。


翌日どんな感じか見てみるとなんと、色鉛筆の蓋が開かなくて悪戦苦闘してた...(そこからかい!)


よくみるとpushと書いてある方を開けようとしてたみたい。ここでメーカーさんに言いたい。私の父のような人が使うことがあるので字は大きく開けやすいものでお願いします。


なかなか施設のようにハマってはくれないけど気長に待つことにします。