初日と感想

施設利用時間が9時45分から17時になっていたので30分前にお迎えだろうと思いこんでいた為、9時に実家に着いた時にはすでにお迎えの車の中にいて「連れていきますから~」と声を掛けられ父親の姿さえ見ることなく車が走り去っていきました。

声を掛けられた時に「まだ何も持たせてませんがっ」と叫んだんですが「初日なので大丈夫です!」と言われ何の準備なく行かせてしまいました。

この日は朝から雨が降っていたので父親が畑に行かなかったから良かったものの、晴れていたら本人不在でお迎えの人が困るところでした

初日から反省する事ばかりで次回はもうちょっと時間に余裕を持とうと思いました。


2日目、まず8時半に畑に行き、施設に行く日だと言うことをすっかり忘れた父親を捕獲し実家へ連れ帰りました。畑仕事の汚れた服から着替えさせ必要な物を持たせたところでお迎えが到着。無事お役目を果たせました。


そうそう持ち物の中に連絡帳というのがあって初日にもらってきたのですが、その日に何をしたのか書かれてあって、まるで幼稚園みたいやなと思いました。連絡帳には血圧値も記入してあって高血圧の薬を飲んでいる父にはありがたい。次回病院に行くとき持っていこう。


施設に行くことにより入浴も出来て本人も楽なんじゃないかな。夕方までいるので昼食が取れて私達が心配していた食事問題がひとつ減りました。週3日だけなんだけどありがたい。毎日変化もなくボーッとしている時間が多かったので少しでも刺激になって認知症の悪化を防げたらいいんだけど。




広告を非表示にする