検査結果

父の検査結果はダークな感じでした。

まず長谷川式スケールは30点満点中7点でした。先生も思ったより悪いなという口調だった。良いのか悪いのか、いや、悪いのはわかるけどどの程度悪いのかわからなかったので帰ってからネットで調べてみた。

ーーー
30点満点で、20点以下のとき、認知症の可能性が高いと判断される。

認知症の重症度別の平均点
 非認知症:24.3点 軽度認知症:19.1点 中等度認知症:15.4点 やや高度認知症:10.7点 高度認知症:4.0点

ーーー
確かに先生の口調は正解!

検査の時付き添って見てたからどんだけ出来てなかったか知ってたはずなのに。普通に話すときもあれば1人で出来ることもまだまだあるから大丈夫なんだと思ってた。結構ショックというかびっくりだった。

先生からは車の運転も止めた方がいいと言われた。この時はまだそれは大丈夫なんじゃないかなと思ったけど、ここ最近同じような症状の人がとうとう目的地にたどり着かなくなった話を聞いて不安になった。

今日は出来ても明日出来ないかも知れないし。思い返せば1年前と比べると出来なくなった事がたくさんある。携帯電話はもう使えないし日付はわからないし物が探せない。半年後にはどこまで進んでいるのやら。

この検査結果を基に介護保険への申請をする予定。福祉課には連絡済みで後日認定調査に入ります。認定結果が出るまでに1ヶ月くらいかかると言われました。

介護サービスを利用するかは決めてないけど、ある程度は考えておかないと。費用の面もあるし本人の気持ちもあるし。兄弟3人で情報を共有し考えていかないと。



広告を非表示にする