読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父親の検査

わかっていたことだけど、父は病院に行くことも検査を受けることもすっかり忘れてました。忘れていたっていうのは思い出したという意味も含まれるので、覚えていなかったと言うべきですね。

午前中は畑へ行っているので直接迎えに行き、病院に行く日だとやんわり伝え促す。

父の良いところはなぜ病院に行かなきゃいけないんだ!と怒ったりはしないとこ。なぜ脳神経外科なのか小声でぶつぶつ言うくらい(苦笑)。

待合室の待ち時間にいろいろ父親に話しかけるけど、興味がないらしくそこそこに答え、自分の過去、まあそれしか覚えてないんだろうけど、それを一生懸命話す。

この頃私の知らない大昔の事を話すようになったので、真実を話しているのか考えすぎて想像を話しているのかわからなくなった。

検査はMRIの他に長谷川式スケールも受けました。このテストでは付添人として後ろに座って見てました。なんというかほとんどダメでした。笑っちゃいけないんだろうけど、ツッコミどころ満載の回答でした(苦笑)。思ったより重いかもしれません。

検査は予定通り二時間で終了しました。本人もぐったり。お疲れさまでした。

検査結果は後日報告したいと思います。


広告を非表示にする