夜の勤務にも慣れてきました。

仕事は新しく覚える事ばかりなのであっという間に時間が過ぎ、眠気も襲ってこず順調だと思います。

ただ、眠る時間を夜、出勤時間前にしたいと思っているんだけどこれがむずかしいんです。

朝家に帰ってご飯を食べるとまず眠気に襲われる。そこで負けてしまうと夕方布団に入っても眠気がやってこない。

まあ、本当は拘らず寝たいときに寝るのがいいんだろうけど、先の事考えると昼間は起きときたいかなって。

 

父親の方はどうかっていうと、結論から言えば手術はなくなりました。骨折したままなの?って感じなんだけど今の父では無理なんだとか。先生からは胃ろうの話も出てきて考えること満載です。

父の体は思ったより老いていて、100まで生きるだろうと勝手に思っていた私はぐんと死が近くにいるんだと気づかされて、動揺してしまいました。

今すぐどうこうはならないだろうけど、ちゃんと兄妹で話し合って見守っていこうと思います。

 

風邪をひいてしまいました。

滅多と引かない風邪をひいてしまいました。夜の時間帯になってどこか無理が出たのかも知れません。6日目なのにまだ鼻がぐずぐずいってます。

父のお見舞いは三日間お休みしました。兄に行くなと止められました。私ではなく父の為に。いいんだけどね。

今晩もお仕事なんで頑張ります!

 

勤務時間を変えてもらいました。

施設から通いを断られてすぐ会社の上司に相談しました。

相談というよりお願いですね。上司は少し考えて秋からならと言ってくれました。

その間に父の骨折&入院があり、それでもいつどうなるかわからないので断る事もせず、先週異動が決まりました。

 これからどうなっていくのかわかりませんが、ボチボチやっていきます(*^^*)

 

病院から

肺炎てなかなか治らないものなんですね。しばらくは高熱で大丈夫かなと不安になったけど、今は少し落ち着きました。てか、家族が落ち着きました(苦笑)。

まだこの先手術も待ってるはずなんですが、気配もありません。

先が不安でいろいろ聞きたいと思って見渡してみると、結構身近に同じ境遇の人っているものですね。何となく心強い。

父はほとんど寝てばかりの状態で、起きたてだとお前は誰だって顔をたまにするので忘れ去られないよう顔を近づけて名前を連呼しています。

今だってがーがーイビキをかいてるけど、痰が絡んでうがいしてるみたい。

しばらくはこんな感じのようです。

 

広告を非表示にする

大変な事に

夜の9時くらいに兄がドスンという大きな音を聞いて見に行くと、土間に父が落ちていた。いつも横になっている場所でまさか落ちるとは思っていなくて、起こそうとしたら物凄く痛がって、何とか部屋まで連れていき一晩過ごし、翌朝私が行くと額に汗が浮かんでて熱もあって、慌てて救急車をお願いしました。

 

病院に行って検査を受けると脚の付け根を骨折していました。入院して手術をすることになったのですが、少し混んでいて翌々日に。手術の説明を兄が聞きに行くと重度の肺炎にかかっているのでまずそちらを治さないと手術は受けれないと言われてしまいました。

内科に転移し先生から病状の説明を受けたのですが、血液検査の結果も悪い上、栄養状態もよくありませんといわれ抗生剤治療をやっていきますとの事でした。

一気にいろいろ大変な事を言われてしまってどうしていいのやらで。とりあえず父の病状が良くなるよう見守るだけです。

 

広告を非表示にする

自宅で見守りするようになって

今までは8時半過ぎに施設のお迎えがあったので、1時間前には実家へ行って出掛ける準備をしてましたが、迎えがない今では8時半に着くように出かけ、朝の薬を与えてあとはゆっくり着替えさせたりしています。

薬を飲んだ父は少し昼寝をするのでその間にいろいろ用事を済ませます。昼までに実家へ戻りランチを食べさせ、そのあとは出勤時間までそのまま実家で見守り。

最初はどうなる事かと不安になったけど徘徊はしないので助かっています。

あと歯が痛いというので歯医者に通うことにしました。認知症のため吠える事があるので予約も午前最後の時間にしてもらいました。抜歯と入れ歯の作り直しでしばらく入れ歯は使えなくて柔らかい食事にしないといけません。

今は便利で薬局にレトルトになったおじややおかずがたくさん売っています。でもやっぱり美味しくないようで余り食べなくなりました。味の濃いものやのど越しの良いものとか探しますがなかなか難しいです。

 

 

 

随分ご無沙汰してしまいました。

あれからいろいろありました。まあ、認知症の父の事しかありませんが(苦笑)。

認知症ってのはもっとゆっくり進むものだと思ってましたが、気がついたら要介護4になっていました。介護保険の更新は年1回で父は12月なんですが、施設からうちの父は認知症が悪化しているので更新期間前だけど申請してほしいと要請があったので手続きをするとなんと要介護2から4に上がるという恐ろしい結果に。

その上、介護士さんの手首を強く掴むという行為があり、今までの暴言や他の利用者さんからの「怖いね」という言葉を受け、しばらく通いを中止して欲しいと言われてしまいました。以前から言われていた精神病院の受診は今回は避けれないようで、処方してもらった薬をしばらく続けて落ち着いたらまた利用できるそうです。

これを聞いたときは何とも言えないモヤモヤ感がありました。家では暴力行為もみられないし、最近では物忘れがひどくなり不安なのか私たちの言うことを素直に聞くことが多くなっていたからです。

ケアマネージャーさんは地域包括センターに相談したらどうかというけど、何となく丸投げっぽく聞こえて悲しくなった。包括センターさんは今後の方向性を話してくれたけどお金の面もありしばらくは自宅で見守りするしかなさそうです。